RECRUIT

先輩の声

大町梨菜RINA OMACHI
入社8年目
営業部(2018年11月現在)
どんどん任せてもらえるから、
成長を実感できる。
営業部では、海外のお客様を担当。納入した機械で使用する部品の受注から出荷までを行っています。具体的には、見積書の作成、受注業務、製造部署への手配、国際クーリエ・船便の手配、納品書および請求書の発行など。経験を重ねるにつれて、任せてもらえる仕事の幅も広がり、やりがいを感じています。海外のお客様とのやりとりに必要な英会話レッスンをはじめ、業務で必要な知識は、講習会やセミナー、通信教育などで身に付けることができ、私も現在、新たな知識を習得するために通信教育を受講中です。名南製品の魅力を多くのお客様にお届けするために、スキルを磨き前進していきたいですね。
お客様の声を聞き、
現場を知ることも大事な仕事。
入社前は、デスクワーク中心の仕事をイメージしていましたが、実は社外へ出ていく機会がとても多いんです。担当のお客様への挨拶にはじまり、協力会社の見学、展示会出展への立ち会いなど、その内容もさまざま。中でも印象的だったのが、取引先の合板工場への訪問です。当社の機械がどのように使われ、どんな工程で製品が出来上がるのか。そして現場で作業されているみなさんが当社の機械に対してどのような意見をお持ちなのか、直に知ることができました。この経験は、自分の業務を見つめなおす貴重な機会になりましたし、仕事へのモチベーションにも繋がっています。女性社員も積極的に外へ出て、活躍できる環境は当社の大きな魅力。産休・育休取得後も復帰する人も多いですね。
総選挙で上位6名に。
この貴重な経験は、私の財産。
名南製作所には「ひとみ会」という組織があり、新入社員歓迎会・社員旅行などの企画・運営を行います。社員全員で総選挙を実施し、上位6名がひとみ会役員となるのですが、実は私、この役員を4年も経験(笑)。行事を1から計画し、実行するは大変ですが、ポジティブに考えればなかなか出来ない貴重な体験。社内の風通しも良くなり、やりがいのある仕事になりました。"努力をすれば必ず成長する"これは、名南製作所について書かれた書籍『不思議な会社』の中の言葉です。私が常に心がけているのは、「自分の仕事においてより理解を深めること」「お客様のニーズに応えること」「社内でのコミュニケーションを円滑にすること」。これらの努力は、必ず自分の成長に繋がると信じています。
リクルートお問い合わせ